コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

デジタルマーケティング予算配分シミュレーション

このエントリーをはてなブックマークに追加

簡単にデジタルマーケティング予算配分のシミュレーションができるものがあります。
予算配分の勘所をつかみましょう!

デジタルマーケティングへの予算は年々増え続けています。とはいえ、予算には限りがあるもの。また、短期/長期、売上額、B2C/B2Bなど、予算配分に影響する要素もいくつかありどれくらいの配分が良いのか、悩むことも多いでしょう。


コンテンツを分類して計画しよう ―クラフトフーズ社に学ぶコンテンツ分類とソーシング戦略

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツの分類

コンテンツマーケティング研究所での人気コンテンツの一つ、事例とその考え方紹介です。時間や資金といったリソースを、いかに適切に配分するか。コンテンツ制作に際して、この課題に頭を悩ますマーケターは少なくないと思います。限られた資源から大きな効果を生み出すことは、決して容易な作業ではありません。


コンテンツマーケティングの事例(YouTubeで動画マーケティングする方法)

このエントリーをはてなブックマークに追加

中村です。前回GEの映画のようなコンテンツビデオを記事の中で紹介しましたが、あらためて動画を利用したコンテンツマーケティングの事例について考えてみます。私自身も、テレビを見るよりも自分の好きな時間にYouTubeサーフィンをすることが多くなりましたし、YouTubeの広告も進化しているのを感じます。まだまだ発展途上ではありますがGoogle+との連動もマーケターにとっては無視できない要素です。

欧米諸国では今、動画マーケティングに注目が集まっています。下の図は、インターブランド社がトップ100と位置付ける企業における、YouTubeの動画ポスト数の遷移です。右肩上がりに増えていることが分かります。


ストーリーテリングが経営を変える(ハリウッド俳優ケビン・ スペイシーに学ぶ)

このエントリーをはてなブックマークに追加

はじめまして、中村と申します。現在カナダのメディア企業でインターンをしています。主にマーケティングの分野に従事しており、今後、海外の事例や動向も含めながら投稿していきたいと思います。今回は、ご存じ、CMI(Content Marketing Institute)の記事を紹介します。

コンテンツマーケティングにおけるストーリーテリングの目的は、ストーリーを語ることでファンを増やし、消費者とのエンゲージメントを高めること。ストーリーテリングの重要性はGE、コカコーラ、インテルなど大企業の前例を通して、日本でも多くのマーケターに知られるようになりました。


顧客と友だちになる方法(Youtilityと3つの戦略)

このエントリーをはてなブックマークに追加
コミュニティ

稲岡です。ソーシャルネットワークサービス(SNS)の普及は、世界中の誰とでも繋がれる可能性をさらに拡大しましたが、実際には信頼できる友人・知り合いとの繋がりに集中しています。SNS上では多くの人が、比較的閉じられたコミュニティを築いているといえるかもしれません。コンテンツ・マーケティングでは、その閉じられたコミュニティにいかに入り込むかが重要になってきます。その際に有効なのが、顧客と「友だち」になるという考え方です。過去に唱えられたコミュニティ・マーケティングという考えとも近いのではないでしょうか。今回はマーケティング・コンサルタントJay Baer氏の提唱する概念を中心に、顧客と「友だち」になる方法をご紹介します。


人気記事

カテゴリー

最近の投稿