コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

動画のベストな長さは? ~動画マーケティングでいつも迷うこと~

このエントリーをはてなブックマークに追加
動画の適切な長さ

2005年にYouTubeが誕生してから早いものでもうすぐ10年。そして、コンテンツマーケティングにおける動画の活用も進んできています。動画はテキストコンテンツに比べて圧倒的な情報量があり、訴求力の高いフォーマットです。動画マーケティングを効果的に行うにはさまざまな要素を考えなくてはなりませんが、迷うことが多いのは、「いったいどれくらいの長さがベストなの?」という話。
今回は「動画の適切な長さ」に焦点を当てたいと思います。

動画に「適切な」長さがあるのか?

実際、「動画の適切な長さとは?」という問いに答えるのは非常に難しいです。どのような種類・目的の動画なのか、掲載メディアはどこか、動画広告なのかどうかによって変わる上、個人によって動画の長さに対する好みや意見は全く異なるからです。

そこで、ヒントとなるデータを出して考えてみましょう。

Wistia

Wistia

引用:http://wistia.com/

上の2つは、インターネット動画を分析しているWistia社の調査結果をまとめたグラフです。これらのグラフで重要な点は、30秒以内の動画なら平均して全体の80%、1分以内の動画なら70%、5分以内の動画なら60%まで見てもらえるということです。

つまり、30秒以内にしておけば間違いなさそうです。

また最初から10分以上の動画とわかっている場合では、開始直後にエンゲージメントが急激に下がるということです。よって、動画は10分以内にまとめるのは必須と言ってもいいでしょう。

動画は短ければ短いほどいいのか?

3分程度が適正だという話もあります。ただ、実際に長さを3〜4分に収めようとしてなかなか収まらないことはありませんか? その場合はあまり心配ないようです。

3-4分も、4-5分もエンゲージメントにほとんど差は見られません。

また、動画のエンゲージメントを維持し、スキップされないようにするには、最初のつかみとなる5〜30秒が大事。最初に視聴者をつかんでおけば、動画を見続けてくれる可能性も高くなります。2011年にYouTubeが行った調査では、動画がスキップされるかどうかは最初の5秒間にかかっている、という結果も出ています。

面白いのは、スキップされないように動画を短くしてシートベルトの大切さを訴求したFordの動画です。その長さなんとわずか8秒!


最近では、6秒動画のループ動画サービスであるVineも流行していますね。

いっそのこと30秒以内にしてしまうという考えもありますが、30秒ですべてを伝えられるのか難しい場合もあるでしょう。その場合は、1動画=1メッセージに分解し、30秒未満のものを複数作るという方法を考えてみましょう。コンテンツも増え、セグメントに応じて単独で使ったり、つなげて再生したりすることで、多様な使い方ができます。

動画の適切な長さには正解はありませんが、長い動画よりは短い動画の方が視聴者も多くなるでしょうし、予算も少なく済むはずです。先日の記事『【海外事例Top5】2014年話題になったコンテンツマーケティング動画』でも、平均で3分程度になっていますね。バリュードライブでも動画制作の際には3分程度を目安にしています。この辺りはweb上にコンテンツが溢れかえり、短時間で大量のコンテンツを消費するユーザーの行動と関係していると思います。ともあれ、伝えたい情報と伝える必要のない情報をしっかり分けて、内容がありつつもなるべく短くした動画こそが、適切な長さの動画と言えるのではないでしょうか。

参考:Does Length Matter?|WISTIA



このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿