コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

SEOのためだけのコンテンツは寿命が短いのではないか

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツマーケティングにおけるSEO

バリュードライブ代表の深尾です。
最近耳にタコができるくらい聞かされている「コンテンツSEO」という言葉について。

何のためにコンテンツマーケティングをやるのか? 多くの人が、コンテンツマーケティングを次代のSEOと捉えています。確かに間接的にSEOは期待できます。SEOはコンテンツ提供の「結果」です。流入を狙いたいキーワードを元にコンテンツを作ることも多々ありますが、これはコンテンツマーケティングの一側面に過ぎません。さらに、コンテンツが「どこかで読んだことある」ものだったり、中身のないものの量産だったりすると、それは、「いつか見た景色」と言わざるをえません。

そもそもGoogleのアップデートとは何だったのか?

「いつか見た景色」とは―。
そもそも、ペンギンアップデート、パンダアップデートとは何だったのか。SEOのために意図的に被リンクを増やしたサイトや、他人のコンテンツの加工にとどまった質の低いサイトに、Googleがペナルティを課したものでした。「ユーザーが読みたいコンテンツにたどり着かない」という問題をGoogleがアルゴリズムの変更で解決したのです。

これにより、明らかにSEO対策だとわかるコンテンツが上位に入ることはなくなりました。検索したのに、文章もめちゃくちゃで、なぜこんなサイトが存在するのかと腹が立ってしまうようなサイトは、最近あまり見かけないのではないでしょうか。

「それなり」なコンテンツの大量生産の結果起こること

では、SEOだけでなく、いわゆる「コンテンツSEO」的な手法で作られた、一応中身も「それなり」なコンテンツが大量に増えてきたらどうなるのか。

なんとなく整った記事が増えて、再び「ユーザーにとって役立つコンテンツにたどり着かない」という現象が発生するのではないでしょうか。そうなると、Googleは何らかの形で、コンテンツの質を厳しく評価するアルゴリズムを作って、そういったサイトの排除へ動き出すかもしれません。

そうなれば、大量生産したコンテンツを抱えた企業はどうなるでしょうか。慌てて、コンテンツを下ろし始めることもあるでしょう。コンテンツは大量に存在します。捨てるのか、再利用して磨くのか。一つ一つ判断するには相当のワークがかかってしまいます。

与えよ、さらば与えられん

インバウンドマーケティング、コンテンツマーケティングは、「顧客に対して正直に」という姿勢が背後にありますし、検索エンジンだけを見た手法ではありません(この辺については今度もっと詳しく書きたいですね)。

新しい情報がどんどん発信される中、私たちは自然と自分に合うコンテンツを探しています。自分にとって面白いか、役に立つか、共感できるか。そのためにメディア選びも結構やりますよね。ここのサイトだから読む。この企業だから読むなんてこともあります。このサイトだったら、なにかある。たまにつまらない記事があったとしても、企業やサイト自体のコンセプトにしっかりと共感できていれば僕は読んでいます。つまり、企業として、サイトとしてのブランディング=信頼と言い換えてもいいのかもしれません。

限られたスケジュールの中、限られた人材で、新しい切り口を探したり、役に立つコンテンツを作成したりすることは、難しいことです。それでも私たちとしては、ウェブサイトに掲載されたコンテンツが、顧客にとって役に立つもので、さらに営業の補足資料として使われたり、商談で話題になったり、ソーシャルで拡散されることによってこれまでリーチできていなかった顧客層に届くようになるようなものを、狙っていきたいなと思います。

SEOが不要なのではありません。しかし、SEOありきではダメなのです。顧客のために書くことを重視すべきです。SEOだけのために作ったコンテンツの寿命はきっと短いはず。SEOは読者に支持された結果、後からついてくるものです。


深尾 尚之 Takayuki Fukao
1976年、福岡県北九州市出身。東京大学 文学部卒業。2000年に日本IBM(株)に入社し、デジタルマーケティングに携わる。企業競争力の源泉が製品から本格的にマーケティングになりつつあることを考え、2012年7月に日本IBM退社。同年8月にマーケティング支援会社「バリュードライブ」を設立。


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿