コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

「LINE@」のリニューアルでSNSのビジネス活用が変わる!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
compare-socialmedia

つい先日スタートしたLINE@の新サービス。いまや5,000万人以上のユーザーを抱える巨大SNSサービスが、中小規模B2C事業者のO2O戦略を大きく加速させるのではないかとみられています。

Facebookとtwitterのいいとこ取りをしたLINE@の新サービス

LINEにはもともと企業向けの商用アカウントがあり、中小企業やリアル店舗向けの「LINE@」と、大企業向けの「公式アカウント」に分けられていました。しかし機能が充実した公式アカウントは使用料が最低月額800万円ととても高く、機能が限定的であったという問題がありました。しかし、新サービスが付加されてリニューアルしたLINE@は、特にリアル店舗を持つ中小企業のソーシャル運用やO2Oの施策に大きな変化をもたらす可能性があります。。ここでLINE@の新サービスを詳しく見てみましょう。

「LINEお店ページ」

お店や施設の場所、雰囲気、提供商品の紹介や料金など一般のwebサイト同様の情報が簡単に掲載でき、商品訴求、集客アップのツールとして活用できます。また、web上にも公開されるため、他検索ページからのユーザー獲得もできます。

LINE@| LINE公式の法人・ビジネスアカウントで集客」より引用

「LINEお店トーク」

お客さまからのお問い合わせを直接受け取ることができます。お客さまがLINEからお店に問い合わせができ、予約や在庫確認、空席情報などをやり取りすることが可能です。

LINE@| LINE公式の法人・ビジネスアカウントで集客」より引用

前者はFacebookの情報量、そして後者はtwitterのコミュニケーション力という部分のいいとこ取りをしている印象です。となると、企業のSNSの使い方にも、変化がみられるかもしれません。それでは次に、どのように使い分けをするべきかの参考となる、各SNSの比較をしてみます。

LINE@、twitter、Facebookのユーザー属性比較

アクティブユーザー数はLINEが首位に!

推計では、LINEの一日あたりのアクティブユーザー数が約3,000万人、twitterが約2,100万人、Facebookは約1,400万人と言われています。後発のLINEですが、登録ユーザー数は5,000万人を超えるとも言われ、「携帯の電話番号で登録」できる手軽さがその一因ではないかと考えられます。



ユーザー属性には若干の差が見られる

LINEのユーザー層は20代が圧倒的で、10代を含めると全体の約5割を占めています。他のSNSとの比較で注意するべきは、LINEはモバイル端末での使用に限定されるということです。そのためスマートフォンユーザーの分布との近似値を示していると言え、職業としても様々な層に支持されていることが資料から読み取れます。先にも述べたように、携帯番号で登録できることから、若年層ユーザーが家族との連絡ツールとして用いることで、親である主婦や会社員まで広く浸透するに至ったと推測できます。

匿名アカウントや一人のユーザーが複数のアカウントを持つことができるtwitterで果たしてどれだけ正確な数字を出せるのかは疑問ですが、PCでの月間ユニークユーザー数は約2,200万人と推定されています(LINEとFacebookは一日あたり、twitterは月あたりのアクティブユーザー数推計。twitterの総ユーザー数はこれ以上だと思われる)。年齢層は50代と次いで40代が最も多く、Facebookもほぼ同じ分布となっています。男女比に関してはLINEの女性優位に対してtwitterとFacebookは男性が約6割となっています。

ここで注意してほしいのは、ターゲットとなる層の「割合」ではなく「絶対数」を見ることです。例えばLINEで割合が少ない50代のユーザー数は約450万人(3000万人×15%)であるのに対し、Facebookのボリュームゾーンである50代のユーザー数は、434万人(1400万人×31%)となり、割合に大きな開きがあるのにも関わらずユーザー数はほぼ同じとなることもあるからです。


sns-age


大まかなユーザー層が見えたところで、次に各SNSの特性や機能面を比較してみましょう。

LINE@、twitter、Facebookの機能面の比較



twitterで企業やサービスの全容を伝えるのは難しい

まず情報量は投稿に対するものとページに対するものを総合して判断しています。Facebookは個人利用ではなく企業や団体用のFacebookページの機能があることから分かるように、ビジネス利用に適しています。企業の情報はコーポレートサイトのように載せることができますし、様々なアプリとの連携でさらに充実したページを作ることができます。一昔前まではコーポレートサイトはFacebookページで十分だと言われたほどです。投稿に関しては、YouTubeなどの外部サービスを用いらなくても動画を載せられるというのが一番のポイントだと思います。

一方twitterはプロフィール欄も含めて文字数の制限があることで、正確な情報を伝えることは難しいです。常に大量の投稿が流れるフィード内においては、わずかな時間で感情に訴えかける工夫が必要です。

LINE@に関しては、投稿に対する情報量は必要十分でしたが、企業の詳細を正確に伝えるまでには至りませんでした。今回のリニューアルで追加された「LINEお店ページ」では、その弱点を補える可能性があります。


LINE@-OMISE

お店ページのサンプル。連絡先やHP、地図などが表示され、ワンプッシュで電話をかけることもできる


拡散力ではtwitterが圧倒

続いてバイラル効果=拡散力ですが、これは良くも悪くもtwitterが圧倒的と言えるでしょう。「悪くも」というのは、悪い評判なども即座に広がってしまうという意味で、炎上リスクのマネジメントも必要となります。Facebookのシェア機能も高い拡散力を持っており、アプリとの連携で効果的なキャンペーンを実施することもできます。LINEにもシェア機能はありますが、非常に狭いクローズド空間でのコミュニケーションツールであるため、拡散力はそれほど高くないと言えます。

「プッシュ型」がLINE最大の強み

情報の即効性もtwitterが圧倒的でしょう。タイムセール情報などは効果的ですね。私自身は電車の運行状況を見るのに重宝しています。Facebookも即効性が高そうに思われますが、検索機能の強さやモバイルユースに適したtwitterには劣るでしょう。そしてLINEですが、こちらもモバイルユースに適しているという点でtwitterに肉薄していると言えます。そしてさらなる強みとしては、LINEがプッシュ型のメディアだということです。

twitterとFacebookはユーザーが自ら情報を得ようとしなければなりません。ユーザーにフォローされていたとしても、数多くのタイムライン上で目を留めてもらうのは簡単ではありません。対してLINEは強制的に通知がきて、ユーザーが認識せざるを得ない状況を作ります。そのためユーザーのメッセージ閲覧率は55.1%に上っています。同じプッシュ型のツールであるメルマガの開封率が10%前後ということを考えれば、これは驚異的な数字だと言えます。この場合に注意することがあるとしたら、投稿回数や頻度など、節度ある投稿を心がけることでしょう。

新・LINE@では個人対企業の対話が可能に

One to oneのコミュニケーションツールとして発展してきた背景を考えれば、これまで個人とのメッセージのやり取りができなかったのが不思議なくらいです。新サービスの「LINEお店トーク」では、クローズドな空間で個人対企業アカウントとの双方向のコミュニケーションが実現できます。twitterは言わずもがな◎、Facebookは匿名性が低いという点でハードルがあるかと考え○としました。

ビジネスユースを前提にしているLINE@とFacebook

最後にビジネスとの相性ですが、ここでは「機能」のみについてフォーカスします。twitterは拡散力が強いのでPRやブランド認知といった点で非常に効果的ですが、そのためには「工夫」と「サードパーティ」によるツールやサービス(広告の場合)が必要です。Facebookもサードパーティアプリが必要な場合がありますが、クーポン機能は元から備えられていますし、広告も自身で簡単に出すことができ、さらにはインサイトでユーザーの情報を簡単に得ることができます。LINE@にもクーポン機能が標準でついていますし、統計情報を取ることもできます。

全体を俯瞰してみて見ると、それぞれに一長一短はあるものの、ビジネスユースとしてLINE@の使い勝手が非常に良くなったと思います。コンテンツサービスを提供する我々としても、SNSの活用方法や動向には常に注視していきたいと考えています。最後に各SNSを使い分ける参考例をまとめましたので、こちらも参考にしてみてください。




このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿