コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

ROIの計算式の一例

このエントリーをはてなブックマークに追加

あおばの投稿です。
2つ前の投稿で、「コンテンツマーケティング効果測定の4つの切り口」について取り上げました。今回はROIを算出する計算式を取り上げたいと思います。
まずその前に、ROIの基本的な考え方を振り返ってみましょう。

Content ROI should be calculated at the program level first. There is no inherent ROI of “content marketing.”
Rather, you have an ROI for each program that can then be rolled up to determine an overall ROI.
参照元:"A Field Guide to the 4 Types of Content Marketing Metrics"

マーケティングのROIはまずそれぞれの施策ごとに算出すべきもので、「コンテンツマーケティング」特有のROIは存在しない。
むしろ、それぞれの施策にROIがあり、それらが最終的にまとまって総合的なROIを決定づけるのです。

重要なことは、施策それぞれでROIを出していくことです。では、それぞれの施策における具体的なROIを計算するにはどうすればいいのでしょうか。以下に、ブログ運営を取り上げたROI計算のケーススタディーを紹介します。その結果を自社で行った複数の施策間で比較してみましょう。

ステップ 1: コストを計算する

1.コンテンツを作成するスタッフ(社員もしくは委託者)への支払い時給に作成所要時間をかける。

2. 上記の結果に諸経費要素をかける (オフィス賃貸料、保険料、設備費など。通常支払い時給の50%程度なので、時給20ドルの社員[年俸40,000ドル] であれば、実際は経費込みで時給30ドルと算出)。

3.デザイン料金、サーバー料金、各種加入料金、 ソフトウェア料金等、その他すべてのコストを加える。それらを具体的にコンテンツプログラム、もしくは毎月の償却分として配分し、各コンテンツプログラムに均等に割り当てる。

例:
ある会社のブログ作成に、 40時間/月、40ドル/時間 (50%の経費を考慮すると実質60ドル
時間)かかるとする。デザイン料1,000ドル/月、サーバー料100ドル/月、その他費用100ドル/月を加える。

月あたり実質ブログコスト= 3,600ドル

ステップ 2: 収益を計算する

月あたりのブログからの会員登録者数(lead)に登録者換算レート(lead conversion rate)、平均生涯顧客価値、平均利益率をかける。

例:
企業ブログから25件/月の会員登録がある ( 登録フォームやCRMシステムなど)。
換算レート20%で、5件の新顧客を獲得。平均3,000ドルの生涯顧客価値で、平均利益率30%とする。
月あたり実質ブログ収益 = 4,500ドル

ステップ 3: ROIを計算する

収益からコストを引き、コストで割る。
例: 4,500ドル-3,600ドル=900
900÷3,600=0.25 ROI=25%


ROI算出計算式

しかし、上記のことをやろうとしてもデータ不足によってできないことも多いでしょう。
そこで、相関アプローチというものがあります。ざっくり言えば、「売り上げの波と、マーケティングで取得した指標の波が似ているよね。だからセールスに貢献しているんですよ」というアプローチです。以下に紹介します。

相関アプローチの効果的利用のために・・・

長期的なデータトラッキングが必要

・ PRカバレッジ、ウェブサイトのアップデート、新ラジオキャンペーンなど、あらゆる変更点を記録しておかなければならない

・ 会員登録総数、新顧客数、平均オーダーサイズ、顧客の購入頻度、総収益など、複数の収益データポイントをトラッキングしなければならない。

・コンテンツが機能していることを示すインジケーターパターンが必要。例えば、「収益が増加すると、コンテンツの消費、シェアマトリックスも上昇する」

相関アプローチは必ずしも科学的ではありませんが、説得の材料としてや、傾向把握のためには有用かと思います。

コンテンツは手段であって目的ではない。

私たちは、素晴らしいコンテンツを作成することが目的ではなく、コンテンツによりより良いビジネスを行うことが目的です。ビジネスの達成度を見ることでコンテンツが評価されます。ビジネスの達成度を測ることをしなければ、コストの無駄遣いをし、リターンにつながらない資金の使い方をすることになってしまいます。

私もコンテンツに悩むばかりに本質を見失ってしまうことがあります。

Content is the means,not the ends.
(コンテンツは手段であって目的ではない)
The DJ doesn't sell drinks.
(DJはドリンクを売るわけではない)

このレポートでも「コンテンツが目的ではない」と言っています。
データの分析やデータの追跡が、ビジネスを意識しつづける方法であり効果的なコンテンツ制作のスタートでもあると思います。



このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿