コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

ソーシャルメディアのROI

このエントリーをはてなブックマークに追加
ソーシャルメディアのROI

「ソーシャルメディアへの投資結果をどう計測するか」は難しい課題ですよね。「結果はどうだったんだ?」という質問からは逃げられません。下記の図にあるとおり、年末近くになると"social media roi"の検索トラフィックが急増します。

「今年一年の投資の効果は?」という質問があちこちで出る時期ですので、ROI(Return on investment)について、海外の動向を表しているインフォグラフィックを紹介します。

ROIについてマーケターがどうとらえているか参考になれば幸いです。(なお、初めに書いておきますが、本記事でもROIについての明確な答えはありません)



まず、以下のインフォグラフィックを見てみましょう。
MDG BlogのThe ROI of Social Mediaです。

Infographic: The ROI of Social Media
Infographic by MDG Advertising

クリック以外のデータについても考えてみる

このインフォグラフィックでは、計測されている指標として、サイトへのトラフィック、コンバージョン、ファン数、ポジティブコメント数が挙げられています。いずれも60%以上のマーケターが計測していると回答しています。加えて、目に見えにくい指標があり、それらについても注目されています(クリック数以外のデータ)。

  • 案件の成立に役に立ったかどうか
  • 新しい提携関係(パートナーシップ)が生まれたか
  • マーケティングにかけるコストが長い目で見て大きく減少しているか
  • 検索結果のランキングが上昇しているか

Facebookが一番いいが、今後はYouTubeに積極投資

4大メディアとして、Facebook, Youtube, ブログ, Twitterの地位は変わらないようです。
最も高いROIを示していると考えられているのはFacebookです。今後の投資計画については、Youtubeが最も高く、続いてFacebook、ブログです。twitterについては投資額を減らしていく答えた割合が他の3メディアに比べて高い値を記録しました。

SNSと企業データの名寄せの可能性

先に記載した「案件の成立に役に立ったか」は確認手段に苦労があるかもしれません。ユーザーや営業に確認するという方法もありますが、聞かれた側からすればあまりメリットがないため、なかなか進まないかと思います。

一つの方法としては、ソーシャルメディア上のアカウント情報と、自社の顧客データの名寄せをする方法があります。ソーシャルメディアが持つ大量のデータと、企業の顧客データとの名寄せに関するニーズはとても多いのではないでしょうか。

プライバシーに関するハードルさえクリアすれば何か新しいことができるかもしれません。
「自社のFacebookページのファンには、どれくらい既存顧客がいるのか(またはいないのか)」などは知りたいところです。

実際、Facebookが新しい広告導入のサービスを検討していることがわかりました。
メールアドレスや電話番号に基づくターゲティング広告の導入です。(参照記事)

このようにあります。
"a way for businesses to reengage with customers who have already used their services, "(企業のユーザーに対して再エンゲージメントを行う手段として)

"What this means is Facebook isn't giving any of your data away, it's taking existing numbers and addresses from businesses and letting those businesses use the information to target its ads."(Facebookが個人のデータを提供するということではなく、企業が自社の顧客データを使ってFacebook上でターゲティング広告ができるようにするというものである。)

つまり、最近疎遠になったユーザーを再活性化する(再び振り向いてもらう)ために、自社の顧客データをもとにFacebook上で広告を表示するということです。
顧客もFacebookユーザーであることが前提ですのでFacebookがインフラ化しているゆえに検討可能なサービスですね。
ちなみに、Facebook側ははその企業の顧客データを保持することはないと言っているようです。リテンション(既存顧客のつなぎ留め)にはいいかもしれません。

その他、ソーシャルリクルーティングについての記載もありますので、目を通してみてください。


ROIの見せ方については皆が悩むところで、それゆえに記事もたくさんあります。
今後も紹介してこうと思いますので、「使える見せ方」を見つけてみてください。


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿