コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

コンテンツマーケティングをやらない理由に答える

このエントリーをはてなブックマークに追加

「コンテンツマーケティング、手がすいたときにでもやってみよう」

こういう場合は「やらない」または「うまくいかない」ケースがほとんどです。
検索エンジンがコンテンツ重視に移行しつつあり、コンテンツマーケティングが重要であるという考えは日本でも徐々に浸透しているように感じます。しかし、現実にはなかなか導入にまでは至らない。

それはなぜでしょうか?


果たしてコンテンツマーケティングはただのバズワードで終わるのか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツマーケティングはバズワードではない

「コンテンツマーケティング? あぁ、最近流行ってるよね。単なるバズワードだよ」

本当でしょうか。

コンテンツマーケティングという言葉は一時的な流行語となるのか、それともマーケティング業界に根付いていくのか。
日本において、まだコンテンツマーケティングの認知度は高くありません。しかし、ソーシャルメディア活用が進むとともにコンテンツマーケティングも拡大していくのではと思います。


コンテンツマーケティングとは

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツマーケティングとは

スマートフォンの普及やソーシャルメディアの浸透で、消費者が多くの情報を持つことができるようになりました。多くの消費者が自分で調べ、比較し、判断することが普通のこととして行われている今、あらためてマーケティングのやり方が問われています。

If You're Not Content Marketing, You're Not Marketing (コンテンツマーケティングでなければ、マーケティングではない!)


コンテンツマーケティング研究所オープン!

このエントリーをはてなブックマークに追加
C研

コンテンツマーケティング研究所をオープンします。

何をするにもまず検索から入る今の時代、私たちは能動的に情報を取りに行きます。
Googleも、ユーザーにとって役に立つコンテンツこそが検索結果の上位に来るよう、アルゴリズムの改善を続けています。データ分析の技術も発展し、ソーシャルメディアの種類も増えています。


人気記事

カテゴリー

最近の投稿