コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

検索キーワードが見えない時代の到来 ーもうキーワードなんて捨てちゃってもいいんじゃない?ー

このエントリーをはてなブックマークに追加
検索キーワードが見えない時代の到来 ーもうキーワードなんて捨てちゃってもいいんじゃない?ー

2015年8月。ついにYahooジャパンでもhttps化のアナウンスがあり、「検索キーワードが見えない時代」が到来。SEOやアクセス解析に大きな影響が及びます。

これにより言えることは、「単に検索キーワードを元にした施策」が通用する時代が終わるということです。これは決してSEOが死ぬことを意味するわけではないことに留意してほしいのですが、本質を見失った手法が淘汰されることには繋がるでしょう。

すでに気づいている人もいると思いますが、yahooの発表以前ですら、流入してくるキーワードは予想したものよりもはるかに難解で、多様性があります。ビッグワードを取れるモンスターサイトでなければ、その割合はより大きいもののはずです。

また検索されるキーワードのほとんどは「これまでなかったもの」だと言われてもいます。さらに追い討ちをかけるように、音声入力技術が向上して、口語での検索も増えていきます。すでにキーワードだけではSEOはできない時代だったのです。

コンテンツSEOはどうなるか

このような流れの中で、我々は一体どのように対処していけばよいのでしょうか。まずコンテンツマーケティングを専門にする我々にとって最も興味深いのは、コンテンツSEOに与える影響です。

コンテンツSEOは良くも悪くも語られていますが、実際確かに良いコンテンツSEOと悪いコンテンツSEOがあるように感じています。悪いコンテンツSEOとは、キーワードだけを基点として書かれた、中身の薄い、まるでコピーコンテンツのような代物です。そしてキーワードこそ含まれてはいるものの、キーワードの裏側にあるユーザーのニーズを組み取れていないものです。

良いコンテンツSEOはその逆。キーワードを含む様々なデータを元にして、カスタマージャーニーを用いてユーザーの行動やニーズを汲み取って、ユーザーのニーズに応えるために作られたオリジナルコンテンツのことです。


これは決して特別な方法ではなく、むしろ本来あるべき姿と言えます。現にGoogleは「ユーザーに焦点を絞れば、他のものはみな後からついてくる。」と述べています。しかし悲しいかな、悪いコンテンツSEOは巷に溢れています。

問題の根幹は、コンテンツSEOのROIが不透明なことが挙げられます。コンテンツSEOによって集客したとしても、それが直接売り上げに繋がることは多くありません。全体のマーケティングプランの中において、コンテンツマーケティングが新規の潜在顧客の獲得と、顧客の育成が主な役割だからです。オンライン広告で直接購買を目指す形とは役割が全く異なるわけです。

コンテンツマーケティングのROIは、アトリュビーション分析などである程度測ることはできます。しかしそれにも予算が必要で、結局は長期かつ全体の売り上げの中で、コンテンツマーケティングによる投資がいかほどだったかを測ることが一般的です。

そのため、特に初期段階では予算を抑えることが多いのです。「効果が分からないものに多額の投資はできない」。全くもって正論です。とすると、自然とコンテンツ1つあたりの予算は限られ、安価なクラウドソーシングに頼らざるを得ないのが現実です。というかそれしか選択肢はないでしょう。

安価であればすなわちライターの質は劣り、当然結果も出ません。何ヵ月か運用すると判断を迫られることになりますが、ここで止めてしまうか予算を見直すことがあるようです。事実、弊社のクライアントの中には、安価なクラウドソーシングによるライティングから、質を重視する方針に転換したいということでお声かけいただくことがあります。

今までのSEOは表面的すぎただけという話

さて、そんな私たちも、なにも特別なことをしているわけではありません。では私たちが言う質とはなんでしょうか。基本は先ほどのグーグルの言葉に則っています。私たちが基本としているライティングの指針の冒頭にはこのように書かれています。

前提:ユーザーの「ベネフィットを生み出す」こと>SEOテクニック
巷で言われるSEOライティングの細々したテクニックではなく、ユーザーの役に立つコンテンツを作ることを第一に考える。ユーザーのためのコンテンツ(勉強になる、解決できる、新しい発見があるなど)こそが幹であり、SEOライティングのテクニックは枝葉である。

質の高いコンテンツとはユーザーになんらかのベネフィットを与えるものであり、それが欠けていれば、マーケティングファネルにユーザーを落とし込むことはできません。

とにかく大事なのは、ユーザーのニーズを深く洞察することと、それに応えるコンテンツを作ることです。ユーザーアンケートやユーザーインタビュー、カスターマジャーニーマップの作成、ペルソナ作成、またはそれらのPDCAを回すことは、今後求められる場面が多くなるでしょう。そうすれば、今回のような事態や、グーグルのアルゴリズムに一喜一憂することもなくなります。しかしながら我々も、もっとユーザーのニーズを正しく理解する方法を知らなきゃいけませんね。日々勉強です。


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿