コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

ペンギンとパンダのアップデート

このエントリーをはてなブックマークに追加

去年から今年にかけてGoogleが検索エンジンのロジックを変えてきました。悪質と判断されたSEO対策を施したサイトは、「Google検索結果」という世界最大級の市場から退場を余儀なくされました。
このペンギンアップデート・パンダアップデートの概要と、これから企業が重視すべきことについて紹介します。

webコンテンツ制作の常識が変わった

「パンダアップデート」、「ペンギンアップデート」という言葉を耳にしたことがありますか?
Googleがwebサイトの品質を重視して検索エンジンのランキングの計算方法を変更しています。このことを指します。

パンダアップデートとは、質の低いコンテンツのwebサイトを排除するためのもので、テキスト量が少なかったり、繰り返し文が多く冗長なサイトが対象となります。日本では2012年7月18日に導入されました。今後、多くのwebサイトが検索結果のランキングに影響を受けると言われています。

ペンギンアップデートとは、過剰なSEO対策を施したwebサイトを排除するためのもので、他のwebサイトへの過剰なリンク設定(有料で購入したリンクを含む)をしたサイトが対象となります。webサイトを検索したところ、ただのリンク集が上位に来た経験がありませんか?
こういったサイトやそのリンク先が今後の排除の対象となります。

つまり、小手先の手法による効果が一気に薄まるのです。

基本に立ち返り、読み手にとって役に立つコンテンツを自分の言葉で


ではどうすればよいのでしょうか。

先に記載した、2つのアップデートへの対策や抜け道も研究され始めていますが、これまで同様イタチごっこになると予想されます。遠回りに見えても、良いコンテンツを愚直に作り続けることが結局は近道です。基本に立ち返り、本当に中身のある、魂を込めた文章でコンテンツを作成するしかないようです。

そもそも、Googleの狙いは、「ユーザーにとって本当に役に立つコンテンツを提供する」こと。

Googleの公式サイトでもこういっています。

Our goal is simple: to give people the most relevant answers to their queries as quickly as possible.

我々のゴールはシンプルで、可能な限り迅速に、人々が求める検索結果を提供すること

このようにGoogleはサイト作成者側ではなく、ユーザーの求めに応じたいという姿勢です。Googleが検索エンジンのシェアを握っている限り、この考えに立っておいたほうがよさそうです。特に日本では、Yahoo!の検索サービスもエンジンはGoogleですしね。

また、良質の判断基準としての"被リンク"は重要度は下がれど、残ると思われるので、ソーシャルメディアは無視できないことになります。なぜなら、良質なコンテンツはTwitterやFacebookでシェアされます。もちろん、「シェアされる イコール 被リンク」です。

企業としてはサーチエンジン対策よりも、良質なコンテンツを生み出し続ける仕組み作りがあらためて求められるのではないでしょうか。この「仕組み作り」については今後掘り下げて考えてみたいと思います。


バリュードライブ

バリュードライブに相談する!


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿