コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

ウェブ&マーケ担当者必読の重大ニュースまとめ(2015年6月期)

このエントリーをはてなブックマークに追加
ウェブ&マーケ担当者必読の重大ニュースまとめ(2015年6月期)

こんにちは。ディレクターの岩田です。自分は6月生まれですが、この時期の雨やジメジメは嫌なものですね。ちなみに雨といえばこんなトリビアが。「雨模様」という言葉は、「雨が降りそうな様」を表す言葉で、降っている状態ではないんです。使うときには気をつけたいですね。

さて何故か豆知識からスタートしましたが、先月に引き続き、ウェブ・マーケティング担当者が見るべきニュースや事例を1カ月間分まとめました。見逃したニュースもあるかもしれませんので、さらっと流し読みしてもらって、気になったものがあればリンク先で読んでもらえればと思います。

コンテンツマーケティング関連

広報の終わり?企業はなぜ「メディア化」するのか?スタバ、マック、コカ・コーラ…

コンテンツマーケティングと共に語られることの多い「ブランドジャーナリズム」。ブランドジャーナリズムは「潜在顧客への信頼醸成と顧客購買後の深度向上」のためのものであり、コンテンツマーケティングよりも上位レイヤーに位置するものとされています。バリュードライブがご相談を受ける事例も、SEOやリード獲得だけでなく、潜在顧客への信頼醸成のケースが増えつつつあります。

広報の終わり?企業はなぜ「メディア化」するのか?スタバ、マック、コカ・コーラ…

低品質ページを大量生産しても検索エンジンの評価は上がらない、高品質コンテンツだけを作る

各所で耳が痛いほど聞かされていると思いますが、この方が言うとやはり説得力が違います。

「ページが多けりゃいい」という考えをもしいまだにあなたが持っていたとしたら、今すぐ捨ててください。
楽して、ユーザーに喜ばれるコンテンツを作ることはできません。

低品質ページを大量生産しても検索エンジンの評価は上がらない、高品質コンテンツだけを作る

マーケティングの新次元を求めて第二回:顧客の変化にどう対応すべきか

現在のマーケティングはこれまでとどう変わってきたのか、1つは「コノソワールする顧客」。コノソワールはキュレーターやインフルエンサーらと近いイメージで良いでしょう。私としては、キュレーターとの一番の違いとして、彼らは自らも発信するものであり、決して業界の有名人というわけではないということを理解するのが重要だと考えています。

あと2つは「タコツボ化する情報」と「顧客の声を聴く顧客」という変化です。説明すると長くなってしまうので、ぜひ記事を一読することをおすすめします。

マーケティングの新次元を求めて第二回:顧客の変化にどう対応すべきか

ソーシャルメディア関連

Twitter、直接製品購入もできる「ページ」とそれをまとめた「コレクション」のテストを開始

インフィード型ネイティブアドの一形態だと考えられますが、まるで検索エンジンですね。ソーシャルメディアが検索の代替になっていくのでしょうか?

Twitter、直接製品購入もできる「ページ」とそれをまとめた「コレクション」のテストを開始

Facebook、またアルゴリズム変更 “表示時間の長さ”を加味

ユーザーが、たとえ「いいね!」やコメントをしなくても、長く表示した投稿はそのユーザーにとって重要であると判断し、同様の投稿の表示優先度を高める。

とのことで、検索エンジンも滞在時間や直帰率を見ているわけですから、当然といえば当然の流れと言えます。

Facebook、またアルゴリズム変更 “表示時間の長さ”を加味

SEO関連

今月はサーチ系カンファレンスであるSMXの記事が多く見られました。検索まわりで大きな変化があったわけではありませんが、一読しておくことをおすすめします。依然としてリンクは強い(内部も外部も)。

SMX Advanced 2015-【2015年度版】ランキング要素を大解剖!

SMX Advanced 2015-ランド・フィッシュキン氏が語る、未来のランキングシグナルとは?

オウンドメディア事例

6月もキャッチアップできただけで、30弱のメディアが立ち上がっています。その中で個人的に面白そうだと思うものが下記。他社の取り組みをみるのも勉強になりますよね!

Rhythm(オムロンヘルスケア株式会社)

「あなたにちょうどいい、リズム」をコンセプトに、健康に役立つコンテンツを「動(運動)」・「美(健康美)」・「休(休養・睡眠)」・「食(食事)」の4つのテーマで紹介するとのこと。デザインもお洒落だし、記事も面白い。コンテンツマーケティングというよりは前述したブランドジャーナリズムのレイヤーに当てはまりそうです。

Rhythm 

ファミマガ(株式会社沖縄ファミリーマート)

意外な取り組みに感じました。一フランチャイズ?がやっているというイメージでしょうか? 全国区のコンビニですが、地域密着というブランディングに一役買いそうです。

ファミマガ 

調査レポート関連

ニュース記事の配信時刻、Twitterは朝5時台、Facebookは午後2~4時台が拡散しやすいとの調査結果

株式会社ユーザーローカルさんが、SNSごとに拡散されやすい時間帯を調査した結果です。弊社でも早速試していたりします。

ニュース記事の配信時刻、Twitterは朝5時台、Facebookは午後2~4時台が拡散しやすいとの調査結果

コンテンツマーケティング取り組み状況についてのアンケート結果

大規模な調査レポートではないのですが、とても参考になると思ったので掲載。6/19に行なわれたThe 14th In-house SEO Meetupの事前調査のスライドとなっています。他社がどのようにコンテンツマーケティングに取り組んでいるのかが、なんとなく分かるのではないでしょうか。

コンテンツマーケティング取り組み状況についてのアンケート結果

以上、なるべく10個以内に収めたいと思っていましたが、なかなか難しいものです。まだ梅雨は開けなそうですが、7月はどんなニュースが出てくるか。デジタルの世界は動きが早いので、取り残されないようにしたいですね。

最後に、このコンテンツマーケティング研究所が6月に公開した記事もついでに載せちゃいます。お時間があればぜひ!


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿