コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

コンバージョンが200%アップ!「結果の出る」動画マーケティングのポイントとは?

このエントリーをはてなブックマークに追加
contenttech2015-movie

「動画は力強いコンテンツで、オーガニック検索からのトラフィックが平均157%向上する上、サイト滞在時間が105%上がり、動画のないサイトの2倍のコンバージョンを得ることができるとされている」

さて今週も前回に続いて、Content Marketing Instituteが主催したウェビナー「ContentTECH 2015」で聞いた、マーケターにとって役立つだろう話をシェアしよう。テーマは「動画マーケティング」だ。特に最後の「4つのポイント」は本当にだれでも今すぐにできることだし、役立つことだから、是非参考にしてほしい!

スピーカーのコートニー・ピアスさんは、オンラインビデオプラットフォームを提供しているBrightcoveでシニアディレクターをしている。今回は動画を作るときによくやってしまうミスや、戦略立案の際にするべきこと、動画マーケティングを改善するために今すぐできる4つのことなどを説明してくれた。

動画マーケティング戦略時に陥りやすいミス

まず動画マーケティングにおいてのよくある失敗例について見ておこう。

・YouTubeにアップした。それでOKだろ?
YouTubeは簡単で無料だけど、自社のプラットフォームじゃない。だから同じページに表示されるおすすめ動画をコントロールすることができず、ライバル企業の動画が表示されて彼らにユーザーをとられてしまう可能性が上がる。

YouTubeは何でも見れるから、1つの動画に対するユーザーのフォーカスが弱い。結局は自分たちが見てもらいたい動画じゃなくて、かわいい猫の動画を見てしまうだろう。

またYouTubeにはコメント機能しかないから、ちゃんとしたカスタマーサポートができない点もデメリットだ。

・DIY(自分たちでやってしまえばコストはかからないよね?)
最初は自分たちで作ろうと思うけど、結局思ったよりコストも時間もかかる。そして、動画制作会社じゃないから、最新技術を持っていないんだ。

戦略立案の際に気をつけるべきこと

・オーディエンスの理解
動画で結果を出すためには、自社のターゲットオーディエンスについて理解しなければならない。一番人気の動画は何か、一番人気の動画のあるLPは何か、どの時間帯が一番見られるかを理解することは、すなわちオーディエンスを理解することだ。

・動画そのものの理解
同じように、自分たちの動画そのものも理解しなければならない。何がエンゲージメントを向上させるのか? 何がつまらないのか? もっとエンゲージメントを高めるためにどこを変えることができるのか? 次回からどうすればいいのか? 前回は何をすればよかったのか? これらを常に考えてPDCAを回していかなければならないんだ。

・質の高い動画が必須条件
現在動画の20%はモバイルで見られているけど、次の5年間では40%まで上がるだろうと彼女は予想している。だから自社のプラットフォームを導入して、ユーザーをエクスペリエンスをコントロールできるようにしよう。消費者の66%が、YouTubeよりも自社特有のプラットフォームに対していいイメージを持っているそうだ。

・動画ポータルページを作ろう
動画ポータルを作って、すべての動画を自分のサイトで集めると、滞在時間とコンバージョンが上がり、直帰率が下がる。またビデオプラットフォームがソーシャルメディア、マーケティングオートメーション、ウェブサイト、解析ツールなどと連携できるかどうか確かめよう。そして会社の規模の変動によって、プラットフォームも拡張すればよいだろう。

みんなが今すぐできる4つのポイント

1.ホームページ/LPに動画を入れよう。いくつかの会社はこれによって、コンバージョンが300%上がった!


contenttech2015-movie-HSBC

HSBC銀行はメニューの中に動画を入れた

2.効果的な戦略を作るためにパフォーマンスを記録しよう。動画のあるページは動画のないページの2〜3倍のPVを集める。
3.使っているソーシャルメディアのすべてで動画を拡散しよう。リーチやオーディエンスを増やすことができる。
4.動画のポータルを作るか、作る計画を建てよう。Bank of Americaは自分の事業(プロジェクトだけじゃなくて、チャリティーとかも)についてのビデオポータルを作ったし、Symantecは教育に関する動画や面白い動画をたくさん作って、ポータルも作った。


contenttech2015-movie-PUMA

PUMAがこれをよくできている。自分の商品の動画だけじゃなくて、自分のブランドのライフスタイルについての動画も入れるといいだろう

情報が本当にたくさんある中で、人に選ばれるコンテンツというのは、分かりやすかったり面白かったり、タメになったりするものだと思うけど、さらにリッチなものが求められているんだ。動画は文字よりも早く、たくさんの情報を伝えることができる。今回の内容を踏まえて、是非みんなも動画マーケティングにチャレンジしてみてね! それじゃまた!!

ーーーーーーーーーーーーー
スピーカー:コートニー・ピアス
Brightcoveシニアディレクター
@CourtneyKPierce


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿