コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

テクノロジーを得て、僕らが失ったもの 〜ContentTECH 2015から〜

このエントリーをはてなブックマークに追加
contenttech2015-humanity

Hello.ネイトだよ。今日はContent Marketing Instituteが主催したウェビナー「ContentTECH 2015」で聞いた、とても印象に残っている話をいくつかみんなにシェアしたいと思う。今回話したいのは「テクノロジーが発達した反面、みんなが人間らしさを忘れてしまってないかな?」ということだ。

仮面がなければダース・ベ◯ダーとは言えないわけだ

Xerox(ゼロックス)のマーケティング・バイス・プレジデントであるジャニーヌ・ロシーニョル氏が語ってくれた話のタイトルは、「人間らしさに勝るものはない:テクノロジーと人はどうあるべきか」だ。

ロシーニョル氏は、ハロウィンのために子供の仮装セットを買ったんだけど、なんと仮面が入っていなかった。。。


contenttech2015-humanity-1

確かにこれじゃ何の仮装かすらわからないよね 笑。そこで購入した会社に問い合わせしたところ、「1,000円のクーポン券をあげようか?」という何だか冷たくて自動的なメールが返ってきただけだった。

仮装セットは5,000円もしたし、仮面がなければ意味がない。そこでもう一度問い合わせしたら、「すみません。新しいの送ります」っていう、またロボットみたいな返信がきたんだそうだ。

最悪だよね。テクノロジーがだんだんと進化しているから、ビジネスで人間性を失ってしまうのは簡単だ。でもそうなってはならないよね。

特別なことをしてあげなきゃ、特別な存在にはなれないんじゃないかな

人間味という点で1つの素晴らしい例は、ロシーニョル氏の出身であるシラキュース大学の話だ。アメリカではすべての大学が卒業生に寄付のお願いを定期的に送る。だが、シラキュース大学は普通にDMを送るのではなく、もっと“人間らしい”方法で集めようとしている。

例えば、ロシーニョル氏みたいに大学に行きながら結婚した人には、毎年のバレンタインに特別なバレンタインカードを送っている。“素敵なシラキュースのカップルにハッピーバレンタイン”みたいに。彼女の元にはかれこれ20年間こうしたカードが届いているけど、毎年とても幸せな気分になるそうだ。そして、彼女はそれによって寄付をしている。このように友達みたいに動く組織って今でも、そして将来にももっと大事になるだろう


contenttech2015-humanity-2

自社のミッションが分からない話をあなたは笑える?

彼女が働くゼロックスではこういうことがあった。ゼロックスとライバル企業のウェブサイトの情報(ミッションとか)を印刷して、ボードに張った。それでみんなに、どの言葉がどの会社のものか分かるか尋ねたら、誰にも分からなかったそうだ。会社の人が分からないなら、顧客も分からないに決まっている。分からないなら、ただ一番安いところを選んでしまうだろう

あなたの会社はどうかな? 言葉だけで見分けがつくと思う? うちも見直すべきだろうなぁって思ったよ。

そして、ちゃんと違いを出せるために、ゼロックスは"optimism"(楽観主義)で行こうと決めた。クライアントのチャレンジや苦戦じゃなくて、彼らが持っている可能性とチャンスについて語るようになって、楽しくなったそうだ。

対象にしているペルソナにとってソートリーダーシップも大事だと分かったから、Forbesと手を組んで、Chief Optimist(チーフ楽観主義者!?)という雑誌やサイトも作った。Forbesとパートナーシップを持つことに最初は抵抗あったようだけど、実際は信頼性を高めることができたし、自分たちだけでやるよりも楽になった。こうしたコンテンツによって他社との違いをちゃんと出せたし、顧客の立場に立って、人間味を忘れないように企画、制作したため、大成功だった

テクノロジーは日々より深く僕たちの生活に入り込んできている。それでも、相手が人間であること(B2Bでも物事を決めるのは人間だよ)を忘れてはいけない。ちゃんと人間らしくテクノロジーを使うことによって、より楽しく、より効果的にビジネスができると僕も信じている。最後まで読んでくれて、本当にありがとう!

ソース: http://vshow.on24.com/vshow/contenttech2/registration/7579?partnerref=TW

----------------

プレゼンター:ジャニーヌ・ロシーニョル
Twitter:@j9rossignol 
LinkedIn: Jeannine Rossignol


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿