コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

専門家へのアンケートから見た、B2Bコンテンツマーケティングの課題と展望

このエントリーをはてなブックマークに追加
b2b-content-marketing-report

Happy New Year! ネイトです。今日はアメリカのB2Bコンテンツマーケティングのレポートを紹介するよ。

この調査はIDG Enterprise社とB2B Technology Marketing Community(LinkedInのグループ)が、コンテンツマーケティングの現状をよりよく把握することを目的に毎年実施している。調査対象はB2Bマーケティングの専門家634人。かなり信頼できるレポートだ。

この調査において特に重要な結果を、僕の考えを交えながら紹介していこう。B2Bコンテンツマーケティングの施策に役立ててみてね。

集客は改善されたけど、リード獲得は未だに大きな課題だ

B2Bコンテンツマーケティングの目的


b2b-content-marketing-report1

引用:Scribd Inc.


1位:リード獲得(59%)
2位:ソートリーダシップ・マーケットエデュケーション(43%)
3位:ブランド認知(40%)
4位:リードナーチャリング(33%)
5位:顧客エンゲージメント(28%)
※去年3位だった「集客」は6位に下がった。

去年と変わらず、リード獲得がB2Bコンテンツ・マーケティングで目指すべきことの1位だ。集客の順位が去年より落ちたのにリード獲得が1位ということは、ある程度集客はできるようになったけど、まだリード獲得にはつながっていない人が多いということを示していると思う。例えばリード獲得のフォームをもっと明確に表示したらどう?(もちろん、コンテンツを邪魔しないように!) またはABテストを使いこなせたら、もっとリード獲得につながるかもしれないね!

ちなみにABテストはバリュードライブでもサービス提供しているよ。他のツールに比べてレスポンスが下がらず、価格も安いのが特徴だ。浮いたお金をもっともっとコンテンツ制作に使って欲しいと思っている。

コンテンツマーケティングの戦略を共有できているか?

B2Bコンテンツマーケティングの戦略を持っているか?


b2b-content-marketing-report2

引用:Scribd Inc.


1位:はい。でもその戦略は文書化されていません(42%)
2位;はい。その戦略はきちんと文書化されています(30%)
3位:いいえ(21%)
4位:わかりません(7%)

B2Bマーケティングのスペシャリストのうち、72%はコンテンツマーケティング戦略を持っているけど、それを明文化してるのはたった30%だ。

アイディアや計画はしっかり書かないとふわっとした感じのままで、全体像をつかみにくい。職場のみんながそれぞれの解釈で頑張るのもいいけれど、もっと考え方を一致させて、全員で目的に集中できるようにしたほうがいいよね。それにコンテンツマーケティングは一過性の施策じゃない。長期間継続して取り組んでいくものなんだ。担当者が入れ替わったりしたときに、もし戦略が共有されていないとどうなるか想像できるよね? 特に今はリアルタイムでのマーケティングが必要とされる時代だ。ソーシャルメディアでユーザーからコメントがあったとき、どう答えるかを会議で決めている時間はないよね。

ブログやSNSは当たり前。でもユーザーはより分かりやすく目新しいコンテンツを求めているはずだ

B2Bコンテンツマーケティングで多く使われている手段


b2b-content-marketing-report3

引用:Scribd Inc.


1位:ブログ(65%)
2位: SNS・事例(64%)
3位:ホワイトペーパー(55%)
4位:プレスリリース(51%)

どれも文字がメインのコンテンツだね。多分これはROIが高い(と思われる)ことが理由だと思う。効果が高いというよりはコストが低いという点だね。文字コンテンツはもちろん大事だけど、ライバルよりも一歩先に行くために動画、ポッドキャスト、ウェビナーなどで目と耳にアピールするのも手だ。文字コンテンツよりもコストはかかるだろうけど、やってみる価値はあるはずだ。

信頼できるコンテンツ製作会社を見つけるのが大事だ

B2Bコンテンツマーケティングの課題


b2b-content-marketing-report4

引用:Scribd Inc.


1位:コンテンツを作る時間がない(51%)
2位:コンテンツのバラエティと量が十分じゃない(50%)
3位:本当に面白いコンテンツが作れない(42%)
4位:コンテンツの効果が測りづらい(38%)
5位:コンテンツマーケティングの成長戦略が確実でない(34%)

1〜3位は「コンテンツ製作」に関する課題だね。これはアウトソースをどれだけ上手に使えるかがポイントだと思う。効果測定に関しても、今は色んなツールが出てきているけど、企業によって目的や課題は違ってくる。だから目的(KPI)を明確にすることが第一歩だと思う。

これらに関しては簡単な答えはないけど、今後このブログでもヒントになる記事を書いていきたいと思う。しかし面白いのは、去年Top5に入っていた「お金がない」がランク外になったこと。コンテンツマーケティングが予算に計上されるようになったからに違いないね。

まとめ

海外でのB2Bコンテンツマーケティングの現状がよく分かったと思う。でもこれって、僕たちも日本で感じていることと同じものが多い。コンテンツを作るリソースが足りない。思っているようなクオリティのものが出てこないというのは、どこでも相談されることだ。

自分たちだけでできるに越したことはないけど、信頼できるパートナーを見つければ、製作の量とバラエティが増えて、新しい視点も見つかり、継続的にマーケティングを実施していけるはずだ。特に僕はバイリンガルだから、海外に出たい企業や日本でビジネスをしたいと考えている海外の企業の役に立ちたいなと思っているよ。いつでも相談してくださいね!

引用:B2B Content Marketing Report


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿