コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

パワーポイントで3次元のファネル(漏斗)を作る方法

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去に投稿した「リードナーチャリングとは」の記事内で使っている、3次元のファネル(「漏斗」または「じょうご」ともいいます)をパワーポイントでの作り方を教えて欲しいという話がありましたのでここに図解付きで紹介します。

パワーポイントの図形描画ツールを使います。
なお、PowerPointのバージョンは、Microsoft Office Home and Business 2010 に同梱のものを使っています。

完成イメージ・用途

今回作るのは、リード獲得から案件クローズまでの流れを見せる際に使われることの多い図形です。


作り方は幾通りかありますが、図形描画ツールを使って、なるべく簡単に作る方法を紹介します。

構成要素を図形描画ツールより書き出す

楕円の枠は使用予定の背景色と同じ色を付けておきましょう。
この場合は、白背景で使うことを想定し、枠を白で設定。
(分かりやすくするための背景をグレーにしています。)


図形描画

組み合わせる

重ね合わせるときに順序に注意しましょう。



完成


完成図

なお、段数を増やすには、小さい側(黄緑色)のところで同じプロセスを繰り返します。



このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿