コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

Eメールマーケティング 5つの心得

このエントリーをはてなブックマークに追加
Eメールマーケティング

Eメールマーケティングは、配信フローのデザインや、魅力的なタイトルなど、テストを繰り返して日々ブラッシュアップしていくものです。その前に、基本的な心得として5つ紹介したいと思います。これらのことを念頭に置きながら始めてみてはいかがでしょうか。

1.自動返信メールを活用しよう

ニュースレターの読者登録などで、Eメールアドレスを登録してもらった時にはすぐに返答しましょう。ただし、毎回手動で送る必要はありません。自動返答機能を使えばいいのです。

「登録ありがとうございました。これからよろしくお願いします。」の意味を込めた初めましてのご挨拶ですね。メールを通じた会話であれ、第一印象が大切なので、文言は練って用意しましょう。

ちなみに、この機能はほとんどメールマガジン発行サービスで標準としてついています。無料から始められるものとしてはMailChimpが有名ですが、自動返信機能もついています。

2.親しみを込めた言い回しで

通常、登録完了が確認されるまで2回ほどメールが送られますが、早い段階から親しみを込めた文章でいきましょう。無理に砕けた感じにする必要はありませんが、判を押したようなメッセージは相手に何も残りません。これから長い付き合いになる相手なのですから、「あなたに近づきたいと思っています」という雰囲気は伝わるようにしましょう。

その際、読者からの質問や意見は喜んで聞く姿勢があることを分かってもらいましょう。

3.迷惑メールとしてフィルタリングされないように

これはよく見ますね。
「XXXX@@@.co.jp からの受信を可能にしてください」 という注意書きです。
申込みフォームに忘れずに記載しておきましょう。

4.フィードバックを見逃さない

ニュースレターへの返信は見逃さないようにしましょう。そして、これは「来てほしくないもの」ではなく、「顧客の声」として喜んで受信したほうが良いように思います。メール本文中に、「返信ボタンを押してご意見を。メールは管理者個人のメールボックスに届きます」などと書いておくとフィードバックを得やすいかもしれません。

5.スパムにならないように。しかし、それを気にしすぎない。

"click here"や、薬の名前などが入っていると、受信側のメーラーが自動でスパムと判断してしまう場合があります。メールにはあいまいな文言を使い、強いセールス的な言葉はランディングページに置く方法もあります。しかし、かえって伝えたいことが曖昧になるのも問題です。
メールの相手はスパムフィルターではなく、人間なので、あまり神経質になることもないのではないでしょうか。

参照記事:Five Ways to Make Your Email Marketing
Work Better


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿