コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

ライターは自らを語るべきか ―コンテンツマーケティングで「自分語り」が許される3つのケース

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツマーケティング-自分語り

「自分をどの程度まで出していいのか?」

コンテンツマーケティングで記事を作成する際、このような疑問にぶつかったことはありませんか?
自分が食べたランチの話や、自分が旅先で撮った写真を企業ブログでそのまま公開しても、読者には喜んでもらえない。一方で、自分の考えや体験をある程度織り交ぜなければ、どこか他人事で白々しい記事になってしまう気もします。では、どのくらい自分を出すべきなのか。そのことで悩んでいたところ、これだ!と思えるヒントを与えてくれる記事を見つけたので、紹介します。


産業革命とデジタルマーケティング

このエントリーをはてなブックマークに追加
産業革命とデジタルマーケティング

マーケティング初心者あおばです。

最近のソーシャル爆発を、産業革命を引き合いに出して説明されることが時々あります。先日、あるご支援案件でライターさんとドラッカーの話になり、パラパラと「ネクスト・ソサエティ」をめくっていたところ、産業革命についての次のようなフレーズを見つけました。


コンテンツを作る際に忘れてはならないこと。

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツ制作の考え方

コンテンツマーケティングのコンテンツを作る際に忘れてはならないことについて。

役に立つ記事であれば、人は商品を買うのか?

ユーザー(潜在顧客)が「役に立つ」「シェアしたい」と思うようなコンテンツを作ることはとても大事です。コンテンツが様々な形でシェアされることによって、自社サイトへの流入のきっかけを増やすのは目標の一つです。


戦略?それとも戦術?

このエントリーをはてなブックマークに追加
コンテンツマーケティングの戦略と戦術

マーケティング初心者、あおばの投稿です。

「とにかくソーシャルを使って何かをやろう」という時、戦略と戦術を切り分けて考えた方が良いという話です。
私自身、「そもそも何をやろうとしていたか」立ち止まって考える必要性を感じることも多いです。

ソーシャルメディアやコンテンツマーケティングに関するコンサルティングを提供するConvince&ConvertのJay Baerは次のように述べています。


相手によってコンテンツマーケティングの説明を変えよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

コンテンツマーケティングの定義については、以前ご紹介しましたね。今回はCMI(Content Marketing Institute)に掲載された記事"Six Useful Content Marketing Definitions"を紹介したいと思います。この記事では語り手が変われば、コンテンツマーケティングの定義の表現が変わることがよくわかります。


人気記事

カテゴリー

最近の投稿