コンテンツマーケティング研究所

Powered by Value Drive

【Chrome拡張】コンテンツマーケターが使うおすすめアドオン9選

このエントリーをはてなブックマークに追加
【Chrome拡張】コンテンツマーケターが使うおすすめアドオン9選

突然ですが、Chromeって最高ですよね? 僕はもっぱら仕事ではChromeを使っています。Firefoxも個人的には好きなのですが(Chromeより軽く感じます)、仕事ではもっぱらChromeです。僕に限らず、ウェブ業界の方はChromeを使っている人は多いです。というのも、ウェブ周りの業務に役立つアドオンがたくさんあるからなんですね。

ということで今回は、コンテンツディレクターである私が使っている、ウェブサイト分析に役立つアドオンとその用途を紹介します。コンテンツマーケティング専用のアドオンというわけではないので、ウェブマーケティングの担当者の皆さんにとっても役立つものがありますよ。

アクセス状況が気になりすぎるあなたへ【Page Analytics (by Google)】


Page Analytics (by Google)

Google Analyticsを開かなくても、自分が管理しているページのアクセス状況をサクッと確認できるアドオンです。


Page Analytics (by Google)

何%の人がどこをクリックしたか(正確に言うとクリック先のページを訪れたかなので、同じページヘのリンクが同一ページ上にあると合算されちゃいます)が分かるところが嬉しいですね。特にメディア系サイトの担当者におすすめです。
Page Analytics (by Google)

サイト評価の信頼度高し【MozBar】


MozBar

定番中の定番です。SEO研究の権威Moz(旧SEOmoz)が提供するアドオン。サイトのページ・ドメインオーソリティやMETA要素、外部リンク状況が丸裸になります。競合調査にはもちろんのこと、自社サイトの状態もサクッと確認することができます。
MozBar

外部リンク調査なら【Ahrefs SEO Toolbar】


Ahrefs SEO Toolbar

外部リンクの調査で定番。下のAdMatrixでも外部リンクを見ることはできますが、Ahrefsでは独自のページランク(AR)、ページオーソリティ的なもの(UR)、被リンク(BL)、被リンク元のドメイン数(RD)、ドメインオーソリティ的なもの(DR)などが見れるので、複数のサイトを比較する際に使用します。


Ahrefs SEO Toolbar

また検索結果の画面でも上記の数字を表示してくれるので、とても便利です。
Ahrefs SEO Toolbar

SEO対策の状況が丸裸【AdMatrix Analytics】


AdMatrix Analytics

SEO会社のフルスピードさんが開発したアドオンで、METAタグやHタグ、被リンクの数、表示速度など、サイトのSEO対策の状況を分析して表示してくれます。METAタグを見て、競合がどのようなターゲットを狙っているのか、どういった強みを押し出しているのかを確認するために使ったりします。
AdMatrix Analytics

どれだけシェアされたかが一目瞭然【Social Analytics】


Social Analytics

ソーシャルメディアでのシェア数を、ソーシャルメディアごとに教えてくれるアドオンです。しかもページを開いたときに、アドレスバーのアイコン上に数字が出るのでとても分かりやすいです。どんなコンテンツがソーシャル上でウケるのかといった調査時に用います。(たまにサイト上の数字とかけ離れている場合があり、盛ってる場合はバレちゃいます)
Social Analytics

サイトに埋め込まれたタグで導入ツールを知る【Ghostery】


Ghostery

これも定番かもしれませんね。Ghosteryを入れておくと、ウェブサイトがどのようなツールを埋め込んでいるのかが一覧で見れてしまいます。競合サイトが何を使っているのかを知るためや、お客さまに提案する前に見ておくと話がスムーズに進みます。
Ghostery

Ghosteryとご一緒にどうぞ【SimilarTech Technology Profiler】


SimilarTech Technology Profiler

Ghosteryに似ていますが、こちらはサーバーの構成や使われている言語など、サイトに使われているテクノロジー全般を教えてくれます。カテゴリごとに分けてくれるのも非常に便利です。こちらを入れていればGhosteryはいらないかな? とも思うのですが、Ghosteryはページを開いた時点で自動的に表示してくれるので、結局両方入れています。
SimilarTech Technology Profiler

似ているサイトを教えてくれる【Google Similar Pages】


Google Similar Pages

アドレスバーにあるボタンをぽちっと押すだけで、今閲覧中のウェブサイトに似ているサイトを一覧で表示してくれます。競合サイトを見つけるために用います。
Google Similar Pages

画面サイズを自由自在に変更【Resolution Test】


Resolution Test

ブラウザの表示サイズを自由に変えられるアドオンです。Google Analyticsで自社サイトをどの解像度で見ているユーザーが多いのかを調べ、自社のサイトがユーザーにどのように見えるかを確認し、サイト改善の参考にしたりします。「ファーストビューで大事な要素が切れているよね」とか、「このボタンに気づかないから離脱しちゃうのかもね」とか、色々改善のヒントを得られます。
Resolution Test

まとめ

今回はサイトの分析に使えるアドオンを中心に紹介しました。ほかに役立つものがあれば是非教えてほしいところです! またコンテンツに関わる業務としては、ほかにデザインやクリエイティブに関わる部分もあるので、機会があればそちらの業務に役立つアドオンも紹介したいと思います(いいねが多ければ)。


このエントリーをはてなブックマークに追加

人気記事

カテゴリー

最近の投稿